口腔ケアグッズ 口腔ケアに最適なグッズをご紹介します。

柄付くるリーナブラシ・ミニ

小さくてやわらかいブラシを採用。
指1本分程度のすき間からもスッと口腔内に入り、すみずみまで痰や食渣をからめ取れます。
※2013年4月1日より製品名が「ICUブラシ」から「柄付くるリーナブラシ・ミニ」へ変更になりました。

特徴
頭部が小さく、わずかな隙間からブラシを入れることができます。
柄がしなるのでストレッチ効果があります。

レッド グリーン

希望小売価格

500円(税別)
病院・介護施設などの医療関連施設へは医院価格にて販売いたしております。価格・販売単位等についてはお問い合わせください。
フリーダイヤル 0120-500-418
一般の方は弊社直営ネットショップ 「オーラルケアストア」 でお求めください。

柄付きくるリーナブラシの使い方

手順1 / まずは頬の内側から清掃
  • 水でブラシを濡らし、水気を切ります。
  • 歯ぐきと頬の間の粘膜にブラシを軽く押し当てます。
  • 矢印のように上から下、下から上へ動かし清掃します。
手順2 / 唇の内側を清掃
  • 唇と歯ぐきの間にブラシを入れ左右に動かし清掃します。
  • 図のように上右・上左・下右・下左側と、4箇所に分けた清掃がより安全にケアを行うコツです。
手順3 / 上あごも忘れずに清掃
  • のどにブラシを突き当てないように注意し、上あご奥から、手前へ向かってブラシを動かし清掃します。
  • 痰やだ液をブラシに巻きつけるように絡めとります。
手順4 / 最後は舌の清掃
  • のどに突き当てないように奥から手前に清掃します。
  • 痰やだ液をブラシに巻きつけるように絡めとります。

使用者の声

使用者の声
出血傾向の患者にも安心して口腔ケアできる

重症感染症や大出血後など出血傾向のある患者さんは、口をあけただけでも口角から出血するなど困っていた。このブラシは毛も柔らかいし、ヘッドが小さいので、大きく口を開けなくても、少しの隙間から負担なく安心して口腔ケアができる。

看護師 M様

使用者の声
口の中に入れやすく、小回りがきく

挿管している人の口腔ケアの時に、歯ブラシが挿管チューブやバイトブロックに当たって、ずれてしまう恐れがあって怖かった。このブラシならバイトブロックなどの装置が入っていても、口の中に入れやすく、小回りがきくので口腔ケアしやすい。管の周りの痰や汚れもとりやすいです。

看護師 K様